« きのうきょう | Main | dj talow »

レビュー;「象」3/8ソワレ、「トークライクシンギング」3/5マチネ

「象」3/8ソワレ(作;別役実 演出;深津篤史 主催;新国立劇場 出演;稲垣吾郎 ほか)

上演される別役実の戯曲を見たのは、初めてでした。

一度観ただけでは、理解しきれないところも多くて、何回か観てやっといろいろと感じることができる作品だと思いました。

だけど、なんとなく、作品自体は、吾郎さんの雰囲気にすごく合っているように思いました。

歌人の俵万智さんがエッセイの中で
「演劇部員だったとき、別役実の作品を上演するのに、台詞の意味より、言葉の調子に酔いしれて、台詞を言い放っていた」
というようなことを書いているのを読んだことがありますが、そういうのとも違う作品だったと思います。
(俵さんが言っているのは、別役実のもっと、後の作品のことをだと思う)

インターネットで調べてわかったことはアニメ映画「銀河鉄道の夜」の脚本は別役実だそうなので、私がいままでにちゃんと観たことがある別役作品は、そのアニメだけです。
演劇ジャンルとしては「不条理劇」と呼ばれるものだそうです。

被爆者という立場になったことから、普通の人よりも、ずっと「死」を意識しながら、日々すごしている「病人」(大杉漣)
彼は、自分自身のことより、自分と周囲との関係にばかり、気持ちがとらわれている。

映画「人間失格」を観たときもそうだったのですが、3年前に亡くなった父親のことをぼんやり思い出しながら観ていました。

「人間失格」では葉蔵さんの着物を着た感じとか、甘えたちゃんのクセに皮肉屋な感じが、なんとなく父親とカブったのですが(父は母親と姉から溺愛されて育ったらしい。)
「象」では病人が、「そんな目で覗き込まないでくれ!」って叫ぶ台詞で、晩年、介護ベッド上でたくさんの人からいつも注意をはらわれていた状態で、父ももしかしたら、そんなことを思っていたかもしれない、なあ、なんて思いました。

こういう作品を観る、吾郎さんのFANってすごいわー。


「トークライクシンギング」3/5マチネ

チケットを取るときには、「千秋楽直前のマチネ公演。ダメそうな日!」とわざわざ選んで取ったのですが
(わざとユルそうな日・・たとえば、初日の次の日、とか、長期公演のちょうど真ん中ぐらい、とかに観に行って、言いたい放題を言いたい、っていう、すごいイジワル・笑)
実際、観に行く頃には、ターロウにめろんめろんでしたので、ありがたやーってなってました(笑)

たしか、ターロウブログによると、打ち上げの翌日公演だった・・と思います。
TLSのカンパニーがカウントダウンモードに入っていて・・並々ならぬ熱さを感じました。
だけど、やっぱり、いい感じのユルさがあって、楽しかった~

初日とか、ってやっぱり、キャストも客席も雰囲気がピリッとしてる・・じゃないですか?
それは、それでシャッキリした良さがありますが、こんな楽しい♪楽しい♪も良い~

ダイソン博士はいつも自由自在だと思っていましたが、この日はターロウもけっこう羽ばたいていました。
特に一番笑ったのが、「あいうえおの歌」のシーン、都道府県~「50州」のシーン。最高~

大好きなシーンがいっぱいで、これがみんな見納めかあ~と思いながら観ていました。

本当に楽しかったよね、TLS

今日、地下鉄で、赤坂駅を通過したのですが、このまえまで、この駅が、夢の世界への入り口だったのになーと思いながら、千代田線に乗っていました。

でも、もうすぐ、水道橋駅とかが、夢の世界への入り口になる日が、そう遠くない・・と信じたい。信じます。


公演期間中、バンドの方などがされているブログで、日々楽しい話題がつづられているらしい・・ことはなんとなくは知っていましたが、正直、ターロウブログでおなかいっぱい、胸もいっぱいの乙女ちゃんでそこまでチェックできませんでした。
それで、いまさら、後追いで、いろいろ読んでいます。

その中で、小西さんが書かれている文章が結構はあ、そうだったんだーって感じで面白かったので
もし興味があったら、ぜし

「レコード手帳。」のミュージカル特集

カーテンコールで「しょ~にちっ♪」ってターロウが歌った日が、ついこのあいだみたい。

TLSで、慎吾FANは、かなり潤った(気持ちが)・・がっ、他のメンバーのFANの方は、飢えも限界・・のはず
(吾郎さんFANは、舞台があるからいいのか・・)

今回、吾郎さんの舞台を観に行って、客席の雰囲気が、ぜんぜん違うな、って思ったの。

FANはタレントに似る、というけど、私は、自分で言うのもなんだけど、スマの中では、自分は吾郎ちゃんに一番近いと思います。

じゃあ、なんで慎吾FANなのさ?ってもう、こないだから、ずーっと、ずーっと考えていたのですが、
最近のおはスマとかストスマの慎吾のお声を聴いていて、なんとなくわかった

『ツボにはまってるときの慎吾の無敵な感じ』

これにいつもヤラれちゃってるんだわーーーっ、て気がつきました。

何年かに1度、すっごいことやらかしてくれるから、離れられないんだわ。

でも、もしも、あんまりいつもホームランばっかり打たれても、こちらの体が持たないので・・

今くらいのギャンブル周期が(笑)ちょうどいいです。。


|

« きのうきょう | Main | dj talow »

SMAP」カテゴリの記事

アクトシアター「TLS」」カテゴリの記事

エンタメ」カテゴリの記事

慎吾」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« きのうきょう | Main | dj talow »