« シーサイドモーテル 初日舞台挨拶(豊洲・横浜) | Main | ふたりの監督 »

シーサイドモーテル 初日舞台挨拶(豊洲・横浜)その2

さて、横浜
横浜も、映画上映後の舞台挨拶だったのですが、映画終わって、キャストが登壇したあとにも、ぞろぞろと、おそらく舞台挨拶をハシゴしていた方々が結構前の方の座席に入場してくるのを、斗真がニヤニヤしながら見ていた姿を見逃しませんでした☆

ここは、とにかく、とにかく
「お電話サンキューです!ラブミー・コールミー//」のフリを見れたことがっ!

恒例の質問タイムで
「麻生さんが演じた。キャンディの萌え萌えフォールインラブを、生田さんが現場でなさったと聞いたのですが・・」
と、まだ質問途中なのに
「やりませんよ!(キッパリ)」
とかぶせ気味に斗真が答え(笑)

ナイスなイケテツさんが
「え~、やらないんですか~」(←やれ、と言っている)

監督が
「お電話サンキューです、ラブミー・・」とフルで答え

つまり、会場のみんなが見たいってことなんだな!

で、結局はやってしまう、斗真さん。
こーゆーのを性(サガ)っていうんですか?最高~

はあとマークを両手でつくるのも、もちろんかわいかったんだけど
どこのタイミングかな、両腕をそっくり返らせて、前に突き出すポーズがあるんだけど、
そのとき、長くて、白くて、筋張った腕が、ひゅーんって伸びたときに、ドキッ!!としました。

まさに、萌え萌え、ふぉーるいんらぶ、だっつーの。


えっとね、それで、もうほぼ、お腹いっぱいなんですが
マニアックで面白い質問が多かったんだよなー。横浜は

まず、車のナンバープレートの話
質問→「登場人物が乗っている車のナンバープレートが、亀田はKA、キャンディはCAとなっていますが、何か意味があるのでしょうか。あと、数字も気になっていて、たとえばCA1107は、キャンディいい女、なのかな、と思ったりしました。」

かわいい、女子2人組からの質問でした。
監督は「あー」って顔で聞いていたのですが、キャストのイケテツさんと斗真は、あきらかに「えーっ、そうなの?」ってお顔をしていて、面白かったです。

監督は「どーしようかな、これ答えちゃっていいかな・・」と迷いつつ

そもそも、発端は、外国っぽい雰囲気を出したい、という狙いで、ローマ字+数字のナンバープレートにすることにしたそうです。
ローマ字部分は、すべて、その車に乗っている、キャストの役名の頭文字ですが、数字の部分は、最初は意味を考えていましたが、あんまりやりすぎるのも、いやらしいかな、と思って、途中から崩したりしたそうです。

でも、そこまで見てもらえて、うれしい、と。

この質問した女子2人組は、かなりマニアックで(私的には、好感度大)続いた質問が
「いろいろ失格なんだな」以外に、セリフの中に「軍資金」っていう言葉がありますが、それはやはり、斗真くんの前作「人間失格」の劇中のセリフからとったのですか?

これに関しては、完璧に深読みだったみたいで、監督「え?え?」と挙動不審になっていました(笑)
お答えとしては「斗真くんの人間失格クランクアップの5日後に、シーサイドはインしたので、人間失格の作品自体を見る前に撮影でした。だから、「軍資金」という言葉が重なったのは、たまたまです」
とのことでした。

あと、チラシの裏面に印刷されてる、幻になったシーンの話
質問→「監督に質問です。泣く泣く、お蔵になったシーンがあったら、教えてください」

これは・・とエンジンかかって答えてくれました。

かなり、タイトに撮影したので、ほぼないのですが、ひとつだけ。キャンディーが部屋を出ていったあとに、ホテルの外で、亀田がキャンディ戻ってくるかな、、と物思いにふけるシーンがあったのですが、そこだけ、カットになりました。でも、そのシーンがチラシの裏面に使われています。幻のシーンですが、チラシには載っています。

とのことでした。

これを受けて、斗真苦笑しつつ
「そこだけなんですって!!」って念押ししていました。(笑)

あと、亀田くんの衣装・・
質問の内容はちょっと忘れてしまったのですが
亀田の衣装について、斗真くんから

セールスマンなのに、チャラチャラした感じを出すために「エミリオ・プッチ」ネクタイをしています。
それと、あと、亀田のワイシャツは・・・なんと!D&Gですっ!!わからねーっ!

満面の笑みで、ノリツッコミしていました。(撃沈)
↑自信満々にレポりましたが、シャツのブランドはD&Gじゃなくて、Gucciですよ?とのご指摘をいただきました(汗)

あとね、なんの流れだったか、マリンちゃんのヨガポーズを再現していましたよ。
できるかなー?と思って、家で一人でやってみたそうです(マジ?)

で、結果はできなかった、というご報告?

全体的にめちゃアットホームで、すごーく斗真を近くに感じることができる時間でした。
会場の斗真FAN全員が多分、そう感じていたんじゃないかなー
とにかく、意味も理由もなく幸せ♪そんな時間でしたぁ★

|

« シーサイドモーテル 初日舞台挨拶(豊洲・横浜) | Main | ふたりの監督 »

斗真」カテゴリの記事

映画「シーサイドモーテル」」カテゴリの記事

Comments

私が参加した川崎では、
映画の中で一番苦労した点は?の質問に、
既出のベッドシーンのことと、
クランクインが前作より5日しか無かった為、
グアムのシーンで、お髭が僅かしか伸ばせなかったことを話していました。

監督の方は、
撮影期間がとてもタイトだったので、山田クンを運び出すシーンで、山田クンと温水さんはご本人ではなくそっくりさんだと白状して、会場からどよめきが起こっていましたよ。

斗真クンが撮影中、実際に会ったのは、麻生さんと柄本くんだけなんだそうです。

Posted by: のむのむ | June 10, 2010 at 01:15 PM

のむのむさま

わーい、川崎舞台挨拶の様子、ありとぅーす!
監督、ぶっちゃけちゃいましたね(笑)
映画の世界はファンタジーだわぁ。

ぶっちゃけるといえば、横浜で、マリン役の山崎真美さんが「ムネが足りなくで、少し盛りました」って、衝撃告白を(笑)いい子なんだねー、きっと。

豊洲だったと思いますが、斗真が柄本くんのことを「トキオ」って呼び捨てしていたので、仲いいんだなーと思いました。

Posted by: おまけ | June 10, 2010 at 08:27 PM

シャツ、D&GじゃなくてGucciですよ??

Posted by: tanashinn | June 13, 2010 at 11:08 AM

tanashinnさま

はじめまして♪
ご指摘くださり、ありがとうございました~
粗忽モノですみましぇん。

聞いた瞬間に、何故か稲垣吾郎さんが好きなブランド、とインプットされて、その後脳内で変換されちゃったみたいです。

斗真くん、今日も舞台挨拶ですね~
なにか楽しい話題が出るといいな~

Posted by: おまけ | June 13, 2010 at 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シーサイドモーテル 初日舞台挨拶(豊洲・横浜) | Main | ふたりの監督 »