« July 2013 | Main | September 2014 »

ダニー・オーシャンに会うまえに

久しぶりのブログ更新です。

来週の月曜から、いよいよシアターオーブで香取慎吾主演の「オーシャンズ11」が開幕します。

慎吾にとっては、単独主演ではにせ皿、TLSに続く3作目の舞台作品、ということになるでしょうか。

原作あり、しかも、すでに上演履歴のある舞台作品に挑戦するのは、慎吾にとっては初めての体験なのかも。

最初から、ハードルが高く設定されているのは、ツライのでは・・と思いつつ、いやでも、そのハードルは、ハットリくんやら、両さんやら、なんなら、蘇金やら、黒部やら、座頭市やら・・あげればキリが無いほど、沢山越えてきたハードルだし!

自分がTLSの時に書いた過去カテゴリを読むと、剛がリハーサル見に行ってたり、本番はジャニーさんが観に行ったりしていた。案外、忘れていることが多い。。(東京公演はフライヤーが無かったこととか)

TLSの時と、今回では、まるで違うと思うことがひとつ

TLSの時は、慎吾もそして、観に行くFANも、初めは半信半疑な感じ。疑心暗鬼な感じが大きくて。
舞台が幕を開けてから、楽しい、楽しい、楽しーーい!!
って、なっていったけど

今回は、初めから慎吾は楽しませる気満々マン、FANも何の疑う余地もなく、楽しませてもらえる♪と期待いっぱいで劇場に向おうとしてる気がします。

TLSの時は、ドキュメンタリーの要素があったけど(苦笑)、オーシャンズ11では、それはいらない!
とはいえ、舞台は日々揺れ動く、いきもののような存在。

自分がこれまでに観て、忘れられない舞台作品を観た時の昂揚感を思いかえすと
いつも素敵なセックスをした後のような、充足感に満たされていました。

息をつめて、相手の動きを穴があくほど見つめ
胸をえぐられるような言葉と、甘い言葉の両方があり
長い時間の中に緩急があり
そして、最後は我を忘れる

どんなダニー・オーシャンに会えるのかな。
今は、会える日を楽しみに待っています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2014 »