« September 2014 | Main | October 2015 »

スマスマ大運動会

とっても久しぶりにブログ記事を書きます。

書きたいこと(主に感想)を軸にして、前後をどんなつながりにしたら、より、気持ちが伝わるかを考える・・・
っていう、以前はごく当たり前に、頻繁にしていたことを久しぶりにやろうとしたら、意外に骨が折れるという。

ツイッターの文章は、瞬間的、反応的に投稿するので、使う筋肉(?)が違うのかもしれませんね


昨日オンエアされたスマスマ大運動会の番協に参加することができたのでその感想の覚書です。

初めにお断りしておきますが、つーこさんから番協時にアナウンスされた注意は
「インターネットで放送内容ネタバレはNGだけど、楽しい煽りはOKよ」だと解釈している筆者が書く、番協参加の記録です。

そういったものを見聞きするのは、不愉快だ、とお感じになる方は、どうかご覧になりませんよう、よろしくお願いします。

------------------

スマスマの番協なんて、年齢がネックで当選するわけない、、と思っていたのですが
今回の番協は、ファンクラブ会員を代表にして、一般(会員以外)も申し込みできる、というSMAPでは珍しいパターンでした。
これは、ひょっとすると大量当選するのでは、、という気がして、本当に久々応募したのでした。

あの時、ピンときた、自分を褒めてあげたいです。

会場が千駄ヶ谷の東京体育館だということは、当選メールで判明。
じゃあ、何をやるの??っていうのは、謎のまま、番協3日前のスマスマで
「スマスマ大運動会をやります!!」っていう予告が流れて、なるほど!となりました。

行くまでは、運動会、楽しめるの?どうなの?っていう疑念がなきにしもあらず・・だったのですが、今となっては、その心配いらなかった!

まず、会場に入ったら聴こえてきたのが、SMAPソングの数々。それだけで、もう楽しい♪

スマヲタ大人数で、スマ曲聴くだけでもかなり楽しい、ってことを再び認識しました。
(前回感じたのは、ポカリイベのとき)

運動会の結果は、オンエアされたように、常日頃から身体のメンテをしてる(らしい)ロハスが終始リード

特に吾郎さんは、キラキラ輝いて見えて
「あれ?あたし、ひょっとして吾郎さんの事が好き!?」と思いかけるのですが、いざ、競技になって
「がんばれーーー!!!」って大きな声を出せるのは、慎吾に向かってなんですよね!
本能っていうんですか?
やっぱり自分は慎吾担なんだな!ってひとりしみじみ。(ぼっち参加だったので)

しかし、好きな人のことを大声で応援するのって、テンション上がったー
ライブの時とは、またちょっと違う感覚でした。

最初の競技「綱引き」。メンバーは全員必死な表情。あれ、エロくなかったですか?
髪が乱れて。額に汗。しかも必死・・どう考えてもエロかったです。
ごちそうさまでした・・

全体を通じて、驚いたことは、たった数時間前に編成されたチームのはずなのに、チームカラーが
どんどん濃くなっていって、最後にはリーダーによって違うチームが出来あがっていたこと。

SMAPだったから、特にそうなったのかもしれませんが、リーダーって、やっぱり重要!って思いました。

それを一番感じたのは「ダンシング玉入れ」練習時間の10分間。

あの10分間は、本当に見ていて面白かったし、楽しかった!!!
チームごとに触発され合ってるのぉおおおぉ


審査委員長のパパイヤ鈴木さんは「最初にアレンジを加えたのはチーム中居」と言っていましたが
その前に、慎吾のところが、大げさに腰を回すアレンジを入れて(慎吾が良くやるアレ)近くの客席が沸いて
→それに気付いた中居さんが、フォーメーションにアレンジを加えた、って流れ

それで、さらに沸く客席。んで、今度はチーム香取がフォーメーションをアレンジ
その間、ロハスなリーダーの2チームはもくもくと練習
気が付いたときには、赤いリーダーがかわゆいアレンジを練習してました。(結果はチーム木村が優勝)

たった10分間で、こんなにもたくさんのことができるんだ!っていうのに感動したし
SMAPはいつも、こんな風に(現場で)自然に高めあってるんだろうなぁ、と想像できました。

観客も一緒に踊った「Joy!」を収録したのは、夜11時近く
あんなにかわいく、じょいじょいしてたのが、夜中なんですよ!!

今後、かわいいスマをみる時も、正座しなきゃいけないんじゃないか、と思っちゃいました。

以下、収録中に垣間見れたSMAP

・中居さんが、よくやる、スポーツ選手がウォーミングアップでやるような動き
(わかります?ライブDVDのメイキングで時々見れる。横向いたり、身体ひねったりしながら駆け足する)
を生で目の前で見れて感動

・サウンドチェック(音の確認作業??)のときの、ホンイキじゃなく、ちょっと抜いた感じで歌う慎吾の歌声が
やさしくて・・・感動

・玉入れの玉の数をカウントする時、木村さんが全部の玉(160球以上)を、客席に向かって遠投していて、その心意気に感動

・同じく玉入れで、全ての玉を、目の前にポテッ、ポテッと投げる吾郎殿下の省エネぶり
(貴族はムダな体力は使わないんですね。わかります。)

・大玉ころがしの玉に入る時の、つよちのかわいらしさに震撼(脚をじたばたさせてた)


SMAPも楽しそうだし、FANも楽しいし、東京体育館が幸せ空間でした。
ライブのない年に5スマを拝むことができた、奇跡に感謝・・

次に、番協が当たるのなんて、当分ないことだと思うので、自分の覚書として残しておきます。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | October 2015 »