« October 2015 | Main | July 2016 »

2015年ナマモノ総括

2015年 ざっくりとですが、自身の覚え書。ナマモノふりかえり。

1月
SMAP「Mr.S」ツアーオーラス in名古屋ドーム

スマコンが隔年になってから、ツアー年越ししたのは初?
オーラスは今年の年初だったんですね。すでに懐かしい・・。
今年のMステSPで「クリスマスナイト」を聞いて、じーんとしちゃったのは、去年「Mr.S」ツアークリスマス特別Ver.で聴いていたから。
コンゴのサプールのことも、Mr.S経由で初めて知りました。相変わらず、先頭走り続けてるよ、SMAPぅ。

3月
番協「スマスマスター大運動会」東京体育館

この歳になって、番協当たるなんて、思っていなかったけど、なぜか当選する予感がして。。応募して良かった!
本当にたくさんの素敵な瞬間を目撃できたんだけど、中でも一番印象的だったのは、ダンシング玉入れのチームごとの練習時間の様子
自分の仕事への取り組み方を考え直すきっかけになりました。その場のノリを取り入れるの大事!

あと、個人的には、SNSでのネタバレについて考えるきっかけにもなりました。

5月
舞台「burst!危険なふたり」パルコ劇場

とにかくチケットがとれなかった・・。友人に助けてもらって入ることができました。
しんつよだし、三谷さんだし、面白くて当然!のハードルを楽々と飛び越えてくれました。
旬な題材を扱うかと思いきや、意外にも普遍的なテーマ。
このふたりで、10年後、20年後に上演してもきっと、違った感じで面白くなるよ、と思った。
(熱海殺人事件を見よ!)

7月
番協「夏のうたまつり」代々木体育館

春のスマスマ番協当選に気を良くして応募したら、また当選!
今年は番協2回参加できました。(奇跡・・)

お席が自分的には良すぎて、実はあんまりSMAPの記憶がない・・
SMAPだぁ~って思っているうちに終わってしまったという。(え?)

本番よりも、ファミクラでの応援練習の方が記憶に鮮明です。
あのおねえさんたち凄い!仕切りといい、誘導といい、プロの仕事でした。

9月
舞台「あずみ~幕末編」新国立劇場中劇場

単純な再演ではなく、続編でした。
それでもあのテーマソングが聞こえてくるだけで、涙があふれてしまう。
ツイッターで演出の岡村俊一さんが「単純な再演をしないのは、あの明治座あずみの伝説をもう少しあたためておきたいからだ」と語っていらっしゃるのを読んで、深く頷かざるえませんでした。

いつかは「あずみ~戦国編」の再演が観たいです。

10月
舞台「No.9 不滅の旋律」赤坂ACTシアター
この記事を書くのに、自分のツイートを読み返していたら、この頃の私は様子がちとおかしい。
一緒に働いてる人の名前を失念したりしてる。あぶないなー。

この舞台を観たことで、久しぶりに自分のなかで芝居観たい欲に火がつきました。
前売券で1回、当日券で1回入りました。

11月
スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」新橋演舞場

とにかく楽しかった!としか言えない。
マンガを買ったり、グッズを買ったり、なんだかんだと散財しましたが、後悔していません。(キッパリ)
結局、通って3回も観てしまいました。
来年、大阪と博多で公演ありますが、きっと行ってしまう予感。


大ヒット舞台挨拶「グラスホッパー」新宿ピカデリー

舞台俳優というより、映画俳優と呼ばれることが多くなった斗真くん。
さらに、初日舞台はたいがい土日で、仕事が休めないため、長らくご無沙汰していた生斗真でした。

その会えなかった分の借りを返されたような良席・・・。
(スチール撮影のとき、目の前に斗真くん。斗真くん達が手に持った、巨大なボードの陰に着席した我々。)

二度とこんな角度から斗真くんのお顔を眺めることはないと思います。
神様ありがとう。寿命が延びました。


舞台「オレアナ」パルコ劇場

田中哲司さんと志田未来さんの二人芝居
テーマがいろいろと身近で、かなり身につまされながら観ました。
飽きることは全くなかったです。

それと、喫煙シーンがあることで劇場に貼り紙があったことに若干の衝撃を受けました。
どんだけ偉いの?観客は。ちょっと違うんじゃないの・・。と思ったり思わなかったり。


12月
歌舞伎「十二月大歌舞伎」歌舞伎座

日にちを違えて、昼の部と夜の部を観劇しました。
香川照之さん(歌舞伎だと市川中車さん)を観たくて行ったのですが、そのご子息の市川團子さんの逸材ぶりに驚きました。

この息子だから、がんばろうって思ったのかしら・・と、思わず勘ぐりたくなるぐらい。
あまり歌舞伎を観たことのない私ですが、陽気で明るい感じが舞台向きだなあ、と思いました。

舞台で歌舞伎俳優さんのお顔を見ると、胸に湧き上がってくるのは「ありがたい」っていう感情。
ジャニっこ用語でいうところの、類まれな瞬間を目撃した時に使う「尊い」に近い・・

中車さんは、それとは違う種類ではありましたが、確かに舞台上で輝いていました。
映画俳優としても、ドラマ俳優としても、確固とした地位がありながら、新たに挑戦したいと思う。
それほどの気持ちにさせる歌舞伎ってどんな世界なの?興味が沸いて止まらなくなりそうです。


舞台「熱海殺人事件」紀伊国屋ホール

旦那っちにとって「熱海殺人事件」は特別な作品らしく、そのオリジナルに一番近い上演を観れて大変喜んでいた。。っていうのが一番の感想。

私にとっては、30年前に初めて、夢の遊眠社の舞台「白夜の女騎士」を観た劇場で、久しぶりに来たけど、全然変わってない、っていう印象が強い。回顧かっ。

新参加の中尾明慶くん、つかさんご令嬢で宝塚OGの愛原実花さんが素晴らしかったです。
妄想キャスティングをするならば、草なぎ剛で観てみたいです。


歌舞伎「東海道四谷怪談」国立劇場

夏に上演されることの多い、四谷怪談と忠臣蔵の関わりを描いた構成になっていました。
なんというか、市川染五郎さんが、働き盛り、ということがハッキリと伝わってきました。
同世代なので、親近感を感じます。


番外編
ラジオ公開放送「SMAP POWER SPLASH」原宿アメーバスタジオ

今年度が放送開始20周年イヤーのbayfmで放送中のしんつよラジオ
もうずっと長いこと、番組に貢献していないけど、やっぱり私にとっては特別な番組です。

公開放送はオンエア日に告知されて、先着順の整理券でした。
その日は仕事で、当然整理券はゲットできなかったワケですが、原宿駅竹下口近くのスタジオは、ビルにでっかいモニターがあって、音声も流れているので、臨場感抜群でした。

慎吾は時々、整理券をもらえなかったうちらにおっきく手を振ってくれていて、相変わらず優しかった。
普段顔のしんつよが見れて幸せでした。


振り返ってみると、
ライブ1
番協2
舞台挨拶1
舞台6
歌舞伎6(スーパー歌舞伎含)

ミュージカルを1回も観なかったんだな。
あと、スマコンないとライブ行かないんだなー。
10月のワンピース歌舞伎以降、急に歌舞伎に偏ったけど、これがいつまで続くかな。年明け最初のエンタメ予定は、浅草新春歌舞伎です!

| | Comments (1)

« October 2015 | Main | July 2016 »