« July 2016 | Main | September 2016 »

SMAPのために

8月とは言え、雨あがりの空気には、どこか秋が近づいてきている気配も感じられて。そうえば、夏のスマコンオーラス翌日の朝って、こんな感じ

いつか、中居さんが言っていた
何かことが起きたときには、周りの人が、どういう風に振る舞うのかよく見る。それで、その人のことを見極めるんだと。

うちら、ファンも今、メンバーから見られてるはず。
恥ずかしくない行動をしないと。

全ての報道を見ていた訳ではないので、たまたま見ること、聞くこと、読むことができたものの印象ですが、今後のために書き留めておきます。

ワイドショーの司会者で、嬉しい対応をしてくれたのは
テレビ朝日「ワイドスクランブル」の大下アナ

慎吾だけでなく、メンバー全員に寄り添う発言をして下さいました。
また、出演しているコメンテーターの方への話の振り方も、上手く、ありがたかったです。

よみうりテレビ「ミヤネ屋」の宮根さん
年末まで、まだどうなるか、わからないですよ、という締めくくりをしてくれていました。

芸能レポーターの駒井さん
その捨て身とも見える渾身のレポートは、SMAPメンバーへの愛しかなくて。この頑張りが、身を結ぶことができますように。

スマスマの番組スタッフ
報道翌日オンエアの冒頭メッセージで「今後の活動」という表現を使ったことも嬉しかったし、
その翌週のメッセージは、出来ないことをやろうとするのではなく、現状を最大限ポジティブにとらえて、できることを折れずにやり抜く決意を感じました。

ジャニーズ事務所の後輩
嬉しい対応ばかりだったですが、中でも特に、SMAPと年代の近い、国分くんと城島リーダーのコメントは、自分の感想と近かったです。
信じたくない気持ち、まだ、何か起きるんじゃないかと思っている、と国分くん。
中居さんと木村さんは双頭の龍だと、城島リーダー

さあ、そして、ここから私自身ができることってなんだろう

まずは、心と身体の健康を保つように。
イライラすると、良い考えも浮かんでこないから。

なおさら、そう感じたのは、2003年のMIJコンのDVDから続けて、2012年のウィスマコンDVDを見たら、吾郎さんが、ほとんど変ってなかったっていうのに衝撃を受けたから。

自己管理が素晴らしくて感動・・。
先週のラジオコメント読みも、メンバーの中で一番落ち着いた声だと感じました。


今まで危機の度に、ピンチをチャンスに変えて磨かれてきたSMAP
今回は、超弩弓だけど、最後まで諦めなければ、どこかで逆転のチャンスが巡ってくると信じています。

中居さんが、何も考えていないはずがないので、きっと今の形は、最悪の中では、ましな方なんだと思います。

慎吾に振られているのは、いままでで、一番壮大な、しんつよEパターン(笑)
いや、笑えないけど!!!

拓ちゃんが、不利な陣形になったときに、カバーするのは、SMAPでは当たり前のこと
拓ちゃんが、時々暴走しがちなことは、皆な知ってるし、そんな拓ちゃんの真っ直ぐな気持ちを利用しやがって、控え目に言っても、ヤツら許せねえ、って感じ☆

年末まで、逆転のチャンスを伺い続けること、それはそれとして
もし、一旦SMAPは解散、となった時に、自分は慎吾ファンとして、慎吾のことを愛しつづけることができるかな?
と自問自答してみる、一応。

今の慎吾は、まるで菩薩のようだけど、もともと、慎吾が優しいから好きになった訳じゃない。
ライブに行き始めたビバアミの時なんて
「今日は、ビデオ撮りだったから、慎吾がちゃんと踊ってくれて嬉しかった」とか感想を言い合っていた思い出がある(苦笑)

ひどい時もいっぱいあるけど、むしろひどい時だらけだったけど、一瞬見える、煌めきにどうしようもなく惹かれて
、慎吾のファンになった。

そんな慎吾を感じられる時が、場所があるのなら、ずっと香取慎吾のファンです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

SMAP解散報道

13日深夜、SMAPの今後の活動に関する事を記したFAXがジャニーズ事務所から発表され
その後、ジャニーズネット、ジャニーズウェブにメンバーからファンに向けてのメッセージが掲載されました。

その時から、今までに感じたことをまとめて書いておきます。

□自分のこと
一途な愛を貫いていなかったこと。ごめんなさい。
いなくなったら生きていけないくらい困るくせに、いつも当たり前のように幸せをくれることに甘えていました。
それと、見せてくれるその表情、その声、その言葉と、その瞬間ごとに向き合って、しっかりと受け止めることを、ここしばらく忘れていました。自分はなんて勿体無いことしていた。慎吾が優しいから、我儘で贅沢になってました。

□報道のこと
ホームページに掲載されたSMAPメンバーの言葉が嘘くさく感じられて、悲しむまでもないです。
メンバーから肉声を聞くまでは、何も感じることがないです。
その肉声も、ただ用意されたコメントを読むのではなく、しっかり話してくれる時を待ってます。

□解決のこと
騒動の発端は、メリ&ジュリとミッチーの軋轢だと思うけれど
メリジュリを懲らしめたところで、何の解決にもならないように思います。
八つ当たりで、とばっちりには違いないけど、あの怒りの業火を消さないことには。
どうしたらいいのでしょう。誰か知恵を授けてくれる賢者は現われてはくれませんか。

□世の中のこと
いままでもSMAPは、自分たちが望む、望まないに関わらず、奇妙に世の中の問題にシンクロすることが多くて。
今回も就業問題、例えばブラック企業で働く人や、非正規の身分で働く人々が置かれている状況の問題点をあぶりだすことになっているような。
SMAPは、そういう星の巡り合わせになっているグループなのかな。

私にとっては、唯一無二のSMAP。
世界に一人だけの慎吾。

ずっと、応援しています。ずっと、愛しています。

世話が焼けるのがSMAPの持ち味だから、しょうがないね(笑)
そして、粘り腰なのが、SMAPファンの持ち味です!


追伸
今は、壮大なSMAPサーガの第3部 第1章 ぐらいに思っています。
ちなみに、完結するのは第10部

どうしたら、あの憎しみで怒り狂っている魔女の呪いを鎮めることができるの。ファンひとりひとりが、身の回りの誰かを許すことで、その優しい気持ちが伝わって、魔女の呪術からSMAPを解放することができるんじゃないの。と思うファンタジー。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »