« September 2016 | Main | November 2016 »

SMAP25周年

事務所から、SMAPは2016年で解散しますよ、と言われて
時々、本当にそんな未来がもし来たとして、メンバーのエンタメごとを
楽しく応援している自分の姿を想像してみるんだけど、全然上手くいかない。

同じように、永遠にスマスマの来ない月曜日の夜を想像してみるんだけど
全くもって、無味乾燥

SMAP解散やめて欲しい。。
メンバーが何も語らないから、発表を信じることができません。
強行的に解散回避する手立てが、なくはなかったんじゃないかな、と想像するのだけど
けれど、メンバー自身が、そのやり方は違うと思ったんじゃないかな、と思います。

まさか、こんな試練を神様は5人に与えるなんて。

記念イヤーに、何かしら起きがちなSMAPだったから、何かはあるかもしれないと
みんな覚悟していたけど、これは、まさかの超弩弓すぎます。。


そんな中で、ビクターのサイトから、記念アルバムのリクエスト投票が行われました。

楽しい思い出がいっぱいで、いままで、ずーっと、SMAPに驚かされ、ドキドキわくわく
させてもらい続けていたんだなあ、って思いました。

「夏日憂歌」で、バラードを堂々と歌い上げる慎吾の姿をみて、大人になったなあ、と思ったこと
ドリスマのジュースを求めて、渋谷のパルコ前の自販機に行ったこと

SMAPの歌詞は、世の中のをやさしい視線でとらえていて、そういわれてみれば、すごく共感できる。
でも言われるまでは、気がついていなかった、、っていうのが多い気がします。

それと、こんなにも人気者なのに、何故か反逆者の雰囲気をずっと纏続けているのが、不思議です。

1曲1曲思いだしながら投票するのは、楽しかった。
そして、ささくれた心が、おさまっていきました。

今、ファンの中で、気持ちとか、やり方の差で、亀裂が生まれつつあるのを感じていて、これまでにない事態に身がすくむようなおもいです。

その、暗い気持ちは私のものではない。
その、怒りは私のものではない。

あらためて思っていないと、心情が理解しやすいだけに、飲み込まれてしまいそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »