七月大歌舞伎/昼の部

ツイッターに流れてくる感想や、新聞の劇評を読んでいて、面白そうだから早く観たい!と思っていた、今月の歌舞伎座昼の部「柳影澤蛍火」。旦那っちと休みを合わせることができた今日、やっと観劇することができました。

観劇前に、待ち侘びすぎて、決定的なネタバレを目にしてしまったり。なんとか新鮮な気持ちで観ようとしたけど、そもそも歌舞伎は、ストーリーを分かってみるのが前提?そうでもないのかな。

主役の柳澤吉保を演じるのは、市川海老蔵さん。
この演目を海老蔵さんで、と話をすすめたのは、猿之助さんだそうです。
猿之助さんは、プロデューサーとしての眼力がある方らしい。

ストーリーはサスペンス!
中車(香川照之)さんが演じる、綱吉候の母桂昌院を演じていた、中村東蔵さんがめっちゃ怖かった。
ビジュアル的にも、役柄のメンタル的にも、全体のストーリー的にも。。

東蔵さんは、つい先頃人間国宝になられています。
少し意外に思ったと言っては失礼だけど、人間国宝は後進の育成に力を入れていることも重要だと知り納得。

海老蔵×猿之助×中車×市川右近×東蔵が、一緒に舞台上にいるシーンは、キラキラしていて豪華ー
歌舞伎を観に来たーーって感じがしました。

歌舞伎俳優の方って、どんなに渋い役を演じていても、どこかキレイ、っていうか、ツヤツヤぴかぴかしていて、見てると、有り難い、って気持ちにさせられます。

その点、中車さんは、今まで映像では渋い役柄を演じることが多かったと思うので、今は新しい面を磨いているのでしょうね。
猿之助さんが素敵なのは当たり前だけど、中車さんは凄い伸びしろがあるところが魅力的です。

海老蔵×猿之助の対峙するシーンは、緊張感がありました。心地よい。
終盤に、海老蔵さんがもっともっと怖くなるとこが見たかった-。(贅沢を言ってます)

先週、夜の部で観た、荒事で見せてくれたような力、パワーを世話物(でいいのかな?)でも見てみたいです。


続く、舞踏「流星」は、七夕の夜の織り姫(尾上右近)・彦星(坂東巳之助)と流星(猿之助)の物語。

織り姫と彦星がとにかく美男美女で眼福ー
猿之助さんのゼログラビティな浮遊感と、どこまでも飛んで行けそうな跳躍感は若き日の野田秀樹を彷彿。素敵でした。

しかし、年に一度の逢瀬の真っ最中に、よその家の夫婦げんかの話をしにくる流星って迷惑だな!(笑)

26日までなので、あと8日。
自分は、やっぱり芝居は初日近くに観た方がいいなあ、と思いました。
なんかまだまだ変っていきそうな予感を感じて、また観に行くって楽しみがあるから。

「柳影澤蛍火」は、まだこれからも変わるかもしれない、固まりきってない感じがしました。
どうしよう。観たい。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)